循環器の病気

病名をクリックすると詳細を閲覧できます。

不整脈

心臓には右心房、左心房、右心室、左心室という4つの部屋が存在します。心臓の拍動は右心房に存在する洞結節が電気的に興奮することにより生じます(洞結節は心臓のペースメーカー)。洞結節に生じた興奮は左右の心房に伝わり心房を収縮させます。心房の興奮は右心房の下部に存在する房室結節で中継され、ヒス束、右脚、左脚と呼ばれる刺激伝導系を経由して左右の心室に伝達されます(図1)。この電気興奮により左右の心室が収縮し血液が全身に拍出されます(心臓は電気仕掛けで働くポンプです)。脈拍は左心室から拍出された血液が末梢の動脈に伝わることにより生じます。

心臓内に異常な興奮が生じたり、興奮伝導がスムーズに行かなくなったりすると心拍動のリズムに乱れが生じます(速くなりすぎる、遅くなりすぎる、不規則になる)。この状態を総称して不整脈と呼びます。不整脈はその原因の違いにより何種類も存在します。放っておいてもよいものから突然死の原因になるものまで様々です。

最も高頻度に認められる不整脈は心房細動です。心房細動は左心房と肺静脈(肺を還流した血液を左心房に戻す血管)の接合部に生ずる異常興奮を引き金に生じます。心房細動の最中には心房全体が不規則で不安定な高頻度興奮で支配され正常な心房収縮が消失します。心室の興奮も不規則になり脈拍が全くでたらめになります。強い動悸を感ずる場合もありますが、無症状のこともあります。致死性の不整脈ではありませんが、左心房内に血栓(血の塊)が生じやすくなり脳梗塞(脳塞栓)の原因となります。洞結節や刺激伝導系の機能不全が生ずると脈拍が異常に遅くなり人工ペースメーカーが必要になることがあります。心室内の異常興奮により生ずる心室頻拍や心室細動は突然死の原因となり得ます。

狭心症、心筋梗塞(虚血性心疾患)

心臓のポンプ作用が正常に行われるためには、電気的興奮が正しく伝わるだけではなく、実際に仕事をする心臓の壁(作業心筋)に酸素と栄養が供給される必要があります。この役割を担っている血管が冠動脈です。冠動脈は2本(左冠動脈と右冠動脈)存在し心臓を隅々まで養っています(図2)

狭心症は冠動脈が動脈硬化で狭くなり血液が十分に流れなくなることにより生じます。労作(階段を上る、重いものを持つ)や精神的興奮により胸が締め付けられるように痛くなったり、苦しくなったりします。症状は安静にて消失します。冠動脈の狭窄が高度の場合には狭窄血管をカテーテルで拡げる冠動脈形成術や外科的に血管をつなぐバイパス手術が必要になります。

心筋梗塞は動脈硬化により脆くなった冠動脈に亀裂が生じ、そこに付着した血栓で冠動脈が突然閉塞することにより生じます。狭心症よりもずっと激しい胸痛が生じます。閉塞した冠動脈が養っていた領域は酸素と栄養が絶たれるため、そのままの状態だと組織が死んでしまいます。急性心筋梗塞は死亡のリスクが高い病態で、一刻も早く閉塞冠動脈を再開通する必要があります。急性期を乗り切った後を陳旧性心筋梗塞といいます。急性期に死滅した組織が多いと心臓のポンプ機能が低下し(心不全)、心室頻拍や心室細動といった重症不整脈も生じやすくなります。

弁膜症

心臓内には4つの逆流防止弁が存在し血液の流れを調節しています。弁に異常が生じ、弁の機能不全が生ずる病気が弁膜症です。弁が開きにくくなる病態を狭窄症、閉じ方が不十分で血液が逆流する病態を閉鎖不全症といいます(両者が合併することもあります)。頻度が高いのは左心室と大動脈の間に存在する大動脈弁の弁膜症(大動脈弁狭窄、閉鎖不全)と左心房と左心室の間に存在する僧帽弁の弁膜症(僧房弁狭窄、閉鎖不全)です。弁膜症が生ずると心臓のポンプ機能が低下し(心不全)、重症の場合には手術が必要になります。また、心房細動が高率に生ずるようになり脳梗塞のリスクが高まります。

心筋症

心室の壁(心室筋)に生ずる原因不明の病気です。心筋症は心室の壁がいびつ(非対称性)に厚くなる肥大型心筋症と心室の壁が薄くなり内腔が拡張する拡張型心筋症に大別されます。心不全や不整脈に対する管理が重要です。心室頻拍や心室細動が生ずるリスクが高い場合には、これらの頻拍を停止する機能を持った埋め込み型除細動器(ICD)が必要になります。拡張型心筋症の一部では両心室を同時にペーシングする心室再同期療法が有効な場合があります。

閉塞性動脈硬化症

主に下肢(足)の動脈が動脈硬化で細くなり(狭窄を生じ)血行障害をきたす病気です。狭窄が軽度の時には無症状あるいは軽いしびれを感ずる程度ですが、狭窄が進行すると歩いた時に足が痛くなり休まないと歩けないようになります(間歇性跛行)。さらに進行すると安静時にも痛みが生ずるようになり早急な血行再建(血管形成術、バイパス手術)が必要になります。

生活習慣病

生活習慣病は高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高尿酸血症など生活習慣が発生に深く関与している疾患の総称です。このような疾患と肥満を複合した状態をメタボリックシンドロームと呼びます。生活習慣病は動脈硬化を促進し、循環器疾患のみならす様々な病気の発生頻度を増加させます。

こんな症状でお悩みの方は、循環器内科の受診をお勧めします。